2019年東京マラソン 日本勢最高5位。大迫が途中棄権の大波乱

2018年10月のシカゴで2時間5分50秒の日本新記録を作った大迫傑 選手 (27)は29キロ付近で途中棄権した。一方、マラソンの堀尾謙介 選手 (22)が2時間10分21秒で日本勢最高の5位に入った。エチオピア のビルハヌ・レゲセ 選手 (24)が2時間4分48秒で優勝した。

タイトルとURLをコピーしました